シアリスジェネリック、メガリスの特徴と副作用

EDと真っ向勝負

シアリスジェネリック、メガリスの特徴と副作用

日本でED治療の際に使用される主な治療薬は、バイアグラ、レビトラ、シアリスの3種類です。

最も古いバイアグラの販売が開始されて10年以上が経過している現在でも、ED治療薬の代名詞として名前が挙げられます。

ただ、2007年にシアリスの販売が開始されると、一気に人気に火が付きました。

シアリスにはバイアグラにはない特徴があるからです。

最長で36時間という効果持続時間と飲食による効果の減弱が少ないという点です。

効果時間によるプレッシャーや服用のタイミングを気にしないで気楽に使用できるとして人気が高まっているのです。

しかし、シアリスは保険適用外診察であるため、薬が非常に高額になります。

それを解消できるとして注目されているのが、メガリスです。

メガリスとはシアリスのジェネリック医薬品で、主成分はシアリスと同じタダラフィルが使用されています。

ですので、圧倒的な効果持続時間の特徴や飲食による効果の減弱が少ないという特徴も得ることができます。

主成分にタダラフィルを使用していますので、シアリスと同じ軽い頭痛など、メガリスの副作用があるそうです

その他にも副作用が報告されていますので、詳しくは"ED治療の最前線"で確認すると良いでしょう。
copyright(C)EDと真っ向勝負