勃起障害(ED)

EDと真っ向勝負

勃起障害(ED)

勃起障害といわれるEDの症状に悩まされている方が増えています。

若いから関係ないと思う方もおられるとは思いますが、実は今、若い方のEDも
非常に多いのです。なぜならば勃起障害に陥る理由は様々あり、若い方も無関係では
ないからです。

勃起障害とは、満足な性行為ができない状態のことですが、つまり勃起が満足に
できなかったり、持続力が弱かったりと勃起自体に問題があります。

それにはまず、勃起のメカニズムを理解することが先決です。

勃起は性的な刺激、興奮を受けると脳がその刺激を神経を通って伝えます。

刺激が伝わると陰茎に血管を通って血流が流れます。血流が流れると
陰茎にあるスポンジのような海綿体に血流がたまって、血圧によって勃起が起こる
というような仕組みになっています。

また脳に性的な刺激が加わる際、勃起を促すとき、脳はリラックス状態である
副交感神経が働きます。しかし、ストレスがかかった状態では、緊張状態時に働く
交感神経が働きます。

日頃からのストレスにより緊張状態である交感神経が働くと勃起が起こりにくく
なります。副交感神経から交感神経に変わるスイッチがすぐに働き、勃起が
すぐに収まったり、勃起が起こりにくくなるのです。

こういった精神的なストレスが若い方に勃起障害が多い原因と言われています。

copyright(C)EDと真っ向勝負